城1 城2  寺と神社
鹿島城  かしまじょう  2010/05/01 茨城県鹿嶋市宮中字城山
別称 吉岡城  鉢をふせたような地形、鹿島城跡、かつては鹿島氏の居城。





鹿島氏は、鎮守府将軍平貞盛から出た。貞盛の父、国香は、常陸大掾で荘園を所有。 貞盛は領地を跡継ぎの維幹にあたえる。その支族清幹は吉田に住む。清幹の第3子成幹は、鹿島に居を定めた。鹿島冠者と称す。成幹の子、政幹は鹿島三郎と称し、1181年3月、源頼朝の命で鹿島神宮総追補使となる。頼朝は、佐竹秀義を追討時、鹿島の神に起請文を書き、戦勝を祈願。武士1人を派遣、神宮に奉仕させる。政幹は、城を築き吉岡城となる。政幹より8世幹重は、1368年鹿島総大行事になる。1523年、幹重より7世義幹は、城郭を修理。その後、常陸平氏は、佐竹氏に敗れた。鹿島氏は神宮に奉仕し、領地を復興。常陸国一の宮の重職となり、古来のしきたりを維持。(鹿島城址記念碑より)


     城1 城2  寺と神社