×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     城1 城2
松本城 まつもとじょう  2002/08/17  長野県松本市丸の内4-1
現存の五層天守の中では日本最古。市街のほぼ中央にある。

天守  天守は5重6階の大天守を中心に乾小天守を渡櫓で連結し、辰巳付櫓と月見櫓を複合。「連結複合式」。大天守の構造は「後期望楼タイプ」。2重目には大入母屋の屋根を欠く。各重とも寄せ棟形式屋根に収め、少ない千鳥破風と唐破風。外壁は各重とも上部は白漆くいの大壁。下部は黒の下見板張り。最上階には展望用の廻り縁がない。多くの矢狭間と鉄砲狭間や石落としを備える。関が原の合戦前の実戦に備え武備を強化した。

松本城の歴史   松本城は戦国時代の深志の砦を創始とする。1504年、小笠原氏が築城。1550年、武田信玄が占領。信濃支配の兵站基地とした。1582年、小笠原貞慶が「深志城」を回復し名を「松本城」と改名。1593〜4年、石川康長、5層の天守閣を完成。1999年、太鼓門枡形が復元される。 平城  女鳥羽川扇状地の先端に位置する平城。本丸を中心に内堀・外掘・総堀が三重にめぐる。郭外に武家屋敷、町人町、寺社地帯を配した城下町。郭内(総堀の内)は総面積約12万坪。天守の建つ本丸は北に偏している。二の丸と三の丸は回郭式に配置され、南正門に大手門がある。

松本城の中は大変の混み様。以前にきたときは空いていた・・・。夏休みは人が多いです。昔のままのお城なので急階段。お年寄りや小さい子どもには歩くのが大変。天守近くは全く歩くことが出来ないほどのラッシュ状態だった。暑く、我慢が求められる状態だった。人の多い松本城を出る。現存する天守  松本城、犬山城、彦根城、姫路城 弘前城、丸岡城、松江城、高梁城、丸亀城、松山城、高知城、宇和島城  http://www.city.matsumoto.nagano.jp /www_city/matsumotojyo/index.htmと松本城入場券を参考に作成。

     城1 城2