躑躅ヶ崎館・武田神社 つつじがさきやかた たけだじんじゃ 2009/08/20 山梨県甲府市古府中町2611
躑躅ヶ崎館 連郭式平城 天守構造不明 築城主 武田信虎 築城年 1519年 信虎・信玄・勝頼の三代が60年余りにわたって居住 現在 武田神社 武田信玄を祀る 県社 1919年
甲府駅前 信玄公像

神橋 神社がつくられたときに作った橋と思われる。信玄が居住していたときは石垣などもなく土塁だったと思う。

武田通り 武田神社から甲府駅に直線で続いている。武田通りの左右は家臣屋敷があったと思われる。

左側(東)  上(南)



大手門

大手門の堀

大手馬出しがあったと思われる(大手門の前)

拝殿

中門と本殿

信玄公御使用井戸

菱和殿

宝物殿

水琴窟  きれいな音が聞こえる

甲陽武能殿

西曲輪と主郭の間の石垣と土塁

西曲輪と主郭の間の空堀

西曲輪