×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     城1 城2  寺と神社                      
常陸風土記の丘  展示館  古代家屋復元  鹿の子史跡    
常陸風土記の丘 ひたちふどきのおか 2010/06/06   茨城県石岡市染谷1646  常陸風土記の丘 特別展  平城遷都 1300年記念。奈良・平安時代の鍛冶工房(かじこうぼう)「鹿の子遺跡」展。 茨城廃寺跡 石岡市貝地2-5075外  約1300年前に建てられた。約160m四方。

鐙瓦(あぶみかわら)

常陸国衙跡(ひたちこくがあと)  石岡市総社1-278外  石岡市は、奈良・平安時代に常陸国の中心国府だった。国府のなかで、官庁施設が集まる場所を国衙といった。石岡小学校敷地に国衙があった。鐙瓦(あぶみかわら)

常陸国分寺跡  国分寺・国分尼寺は、741年、聖武天皇の命令によりつくられた。国の安全を守るのが目的。国分寺に20名、国分尼寺に10名の僧、尼さんが住んでいた。僧、尼さんは、奈良から派遣された。東西270m。南北240mの敷地。

鐙瓦(あぶみかわら)

国分尼寺




     城1 城2  寺と神社    常陸風土記の丘  展示館  古代家屋復元  鹿の子史跡