×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     城1 城2  寺と神社
福道寺  ふくどうじ    2010/05/15    茨城県ひたちなか市大字三反田5161
佐七山 日蓮宗 







義民佐七供養塔  福道寺は約300年前、三反田村一帯の庄屋佐七家の菩提を弔うためにつくられた。享保年間に冷害と風水害により大飢饉となった。重税に苦しむ村民を私財により救ってきた庄屋佐七も困ってしまった。藩に対して藩米の開放をお願いしたが許可が出なかった。万策つきた庄屋佐七は、屋敷内の蔵を開いて飢餓に苦しむ村民に分け与えた。佐七はその責任を一身に負うため、妻子4人を刺した後、割腹して果てた。庄屋佐七は、情け容赦ない年貢とりたてに対して、身をもって訴えたのだ。「腹切り佐七」という悲しい義民伝承が残っている。(説明石碑参考)






















     城1 城2  寺と神社